認知症を予防しよう!介護食に取り入れたい食材とは!?

認知症を予防しよう!介護食に取り入れたい食材とは!?

認知症を予防しよう!介護食に取り入れたい食材とは!?
1日2個の卵で認知症予防

卵とコレステロールの関係は研究がすすみ、卵を摂取しても血液中のコレステロールに変化がないことがわかったため、心配する必要がなくなりました。むしろ卵は認知症予防になることが証明されており、介護食にぜひ取り入れたい食材の一つでしょう。お刺身を食べるときには醤油に黄みを混ぜれば、栄養価もアップし、とろみがついて食べやすくなりますし、サラダやあえ物にも黄みをプラスすれば食べやすくなりますよ。卵フレークを常備しておけば、煮物やごはんにふりかけていつでも摂取できますし、温泉卵ならまとめて作っておけば、冷蔵庫で1週間はもち、かけつゆで食べたり、おひたしなどに混ぜてもいいでしょう。

1日1回は乳製品をとろう

牛乳や乳製品の摂取量がおおいほど認知症のリスクは低下しますから、こちらも介護食に積極的にとりいれたい食材です。牛乳はそのまま飲むよりもスープにしたり、紅茶に入れたりと温かくして飲むといいですよ。ほろほろと崩れるクリームチーズやカッテージチーズは介護食に向いていますし、とろけるチーズは料理にコクがプラスされてさらにとろみがつくので食べやすくなります。ほかにも、温めたヨーグルトは便秘の改善にも役に立つのでグラノーラなどとあえて食べてもおいしいですよ。

にんたまジャムで食欲増進

にんにくとたまねぎのうま味が凝縮されたにんたまジャムをつくって介護食で活用してみましょう。1さじいれるだけでもコクがアップしますし、スープや煮物、カレー、万能調味料として使えますよ。介護する方も、されるほうも体力の維持が大切ですから、免疫力のアップに家族みんなで1日2さじはとるように心がけるといいでしょう。にんたまジャムはほんのり甘味がありますから、お砂糖代わりにもなるので、ヨーグルトと混ぜてたべてもいいですし、マヨネーズに混ぜてドレッシングにすればサラダの風味も倍増しますよ。

介護の求人に出ているケアマネージャーとは、サービスと利用者を結びつける仕事です。介護支援専門員という資格が働くための要件になります。

No comments.